ヘアコロンで香り持続!香りが長続きしない人の為のオススメ方法

いつもすれ違うたびに良い香りがする人、周りにいませんか。

あの人一体、どんな香水を使っているんだろう…そんな疑問が湧いてきませんか。

おそらくそんな疑問を持つ人の大半は、香りを付けてもすぐに香りが飛んでしまうタイプではないでしょうか。

香りの持続力は体質も左右しますので、朝付けた香りが昼まで持たないと言う人は結構いると思います。

新陳代謝が活発な人ほど、香りは長持ちしない傾向があります。

肌に直接付けずに衣服などに付けると良いのですが、変色が気になる人は怖くて付けられないと思います。

そんな時は発想の転換をして、香水にこだわる事はやめにしませんか。

長く香りを楽しみたいのであれば、ヘアコロンをオススメします♪

ヘアコロンとは髪につける専用の香水のようなもので、各メーカーから色々と発売されています。

ヘアコロンを付けると、風になびいた時に良い感じに香りがふわりと立ち昇ります。

香水よりも清楚で控えめな香りが多いため、周りの人たちの受けは抜群ですよ(*^▽^*)

香りがきつくないために、会社などに付けていっても邪魔になりません。

ただ、あまりにも値段が安価なものを利用すると香りが安っぽく、お勧めしません。

今では海外の高級ブランドからも香水をモチーフとしたヘアコロンが発売されていますので、利用してみては如何でしょうか。

少しグレードの高いものをチョイスすると、安っぽくなりません。

ただ、香りが長持ちするはずのヘアコロンも次のような条件に当てはまると香りが飛びやすくなります。

まず髪の毛が著しく痛んでいる人。この場合は香りが持続しません。

髪の毛が痛むと水分を取り込んでもすぐに蒸発してしまう傾向が強いですので、香りを長く楽しむことができなくなるんです。

著しく髪が痛んでいるなと思ったら、必ずトリートメントをして髪の水分量をアップするようにしましょう!

髪の表面が整うと、ヘアコロンの香りの持続力もグンと高くなりますよ。

又、雑菌が繁殖している髪も香りが長続きしません。

雑菌の繁殖を減らすには、濡れた髪でベッドに入らないようにすることです。

お風呂に入って髪を洗った後、必ずドライヤーで乾かすことを習慣にしましょう!

濡れた髪のまま眠ってしまうと、長時間枕に蒸らされて、地肌と髪に雑菌が繁殖しやすくなります。

そうなると嫌な臭いに変化してしまい、その状態でいくら良いヘアコロンを使ったとしても、雑菌が悪さをして悪臭に変わる可能性が高くなります。

雑菌の臭いとヘアコロンの香りが混ざるととんでもない臭いになる可能性がありますので、注意するようにしてください。

濡れたままの状態で眠るのは、髪にも地肌にも良くありません。

ヘアコロンの魅力を最大限に引き出したい場合は、しっかりと髪を乾かすようにして下さいね。

ヘアコロンを上手に取り入れることで、香りも楽しめますし、同時にヘアケアする事も出来ます。

朝の寝癖直し等にも利用することができますので、時短にも繋がりますよ。

是非、お気に入りのヘアコロンを見つけて、香りのオシャレを楽しんでみてくださいね(*^▽^*)